はじめまして。
大阪で村上司法書士事務所を運営しております、代表 村上 雅則と申します。
今回、株式会社OMコンサルティング様が、ついに「合同会社設立ノウハウ」を
公開するということで、推薦文を書かせて頂いております。

普段司法書士業務をしている私が見ても、十分すぎる程の内容です。
登記ノウハウだけならまだしも、税務関連や人事・労務関連の解説までついて、
しかも、メールサポート返金保証までつけてとなると・・・
これ以上ないくらい、全てが網羅された内容でしょう。
同業の我々も手を考えないと・・・
そう思わせられるほどの、『パーフェクトパック』でした。
合同会社設立を検討される方は、手にされることをオススメします。




専門家に頼まず会社設立すれば、お金は確かに節約できます。

しかし、この事実を知らなければ・・・

142万円
もの大金までも損するのみならず、
下手をすると罰せられる危険性があるのです・・・。




初めて会社を設立する起業家ならば、誰しも考えることです。

そこでインターネットを調べてみると…
会社設立のための登記が全てできるようなパッケージが売っている。

15,000円で(登録免許税や印紙税の実費は別途必要ですが)
自分で会社が創れるならと、そのパッケージを購入。




行政書士や司法書士に払う分の節約に成功!

・・・なんてことは稀で、

実際には、自分で会社設立手続を進めたものの、その大半の方が
途中で断念し、結局、専門家へ丸投げする、というのが現状です。



しかし、その瞬間からせっかく節約した金額以上、具体的には30万円以上ものお金を
ドブに捨てているのです。




そのワナにはまったために、
何十万、何百万円のお金を支払わざるをえなくなった会社や
罰せられてしまったという会社を、私は数々見てきました。




申し遅れました。

岡本写真


今までに、400社もの会社の支援をさせて頂き、
会社設立にも100社以上関わらせて頂きました。

そんな経験の中、せっかく自力で会社を設立し、お金を節約したのに…

 それ以上のお金を損した会社
 損しそうになり私たちがなんとか救うことができた会社

そのような会社を数々見てきました。



書類法人登記が終わった後には、

●税務署、県・府税事務所、
 市役所への税務書類の届出
●社会保険事務所、労働基準監督署、
 公共職業安定書への人事・労務書類の届出

これらの手続きをする必要があるのです。


その手続きをしていなければ…

本来、受けられるべき特典が受けられず、
何十万円、場合によっては何百万円も損をするのです。

また、下手をすると罰せられる・・・なんてこともありえるのです。


私は専門家に任せているから大丈夫・・・と思っていても、
もしかしたら損をするかもしれません。

確かに、司法書士は会社を設立する際の、登記に関してはプロです。
それは間違いありません。

しかし、会社設立・設立以降の手続きに関してはほとんど無知です。

中には指摘してくれる方はいるかもしれませんが、何もできません。

また、他の専門家を紹介してくれるかもしれませんが、
しかし、せっかく節約したお金をこれらの専門家に取られることになります。


 税務10万円〜36万円
      (月額顧問料3万円の場合・・・基本的に税理士は顧問契約)
 労務20万円
      (社労士の中には顧問契約をとる方もいますが・・・)

合計30万円〜56万円以上もの金額がかかるのです。

しかもこの司法書士のフトコロには・・・



つまり・・・

自力で会社を登記し安く設立できたと思っても、
登記後の手続きで30万円〜56万円以上ものお金をとられる、

もしくは、
手続きしないことによって、後でお金を損する

下手をすれば、罰せられることもあるのです。



私は財務コンサルタントという立場上、たくさんの会社を見てきました。

あと数十万あれば…会社が飛躍できるというところで倒産、
なんて悲しい出来事も経験しています。

会社設立時の56万円は本当に大きな金額です!

56万円あれば、

  家賃も払えます
  人も雇えます
  苦しい時期の1ヶ月以上の生活費にもなります



そんな大切なお金を無駄遣いしていただきたくない!
そして、その節約したお金で絶対に成功していただきたい!


という想いから、今までにない会社設立キットを作成しました。



たしかに世の中にはたくさんの会社設立用キットはたくさんありました。

虫食いになっている書類のフォーマットに必要事項を記入するだけでいい、
というものです。

しかし、それらのキットはどれも登記は完了できますが、
(中にはそれさえもできない、という不親切なものもありますが・・・)、
それ以降の手続きには対応していません。

片手落ちなのです。


私たちが作った『合同会社設立パーフェクトパック』は、
文字通り会社を設立し、それ以後の必要な手続きまで【全て】網羅しました。


この『合同会社設立パーフェクトパック』中に入っている
マニュアルの手順に従い、雛形の必要部分に記入していただき、
指定した役所に持っていくだけで、合同会社が設立でき、
また、設立後の必要な届出まで全ての手続きを完了することができます。

簡単にその中身を紹介すると…

  •  合同会社(LLC)の4つの特徴とは?
  •  合同会社(LLC)のメリット・デメリットとは?
  •  合同会社(LLC)の有効な活用法とは?
  •  合同会社(LLC)設立の『8+1ステップ』とは?
  •  合同会社(LLC)の有効な活用法とは?
  •  合同会社(LLC)の有効な活用法とは?
  •  設立に際し用意すべき3つのものとは?
  •  設立に際し決めておくべき6つの事項とは?
  •  設立に際し注意すべき「許認可」の必要性とは?
  •  簡単に4万円削減できる●●とは?
  •  合同会社(LLC)設立後の
     
    不可欠な3つの必要手続きとは?

といったような内容になっており、さらには、

  •  合同会社(LLC)設立までの実際のアクション
  •  合同会社設立必要書類のひな型集
  •  合同会社設立チェックシート

といった、実践的なアイテムも付いてきます。


それでは改めて「合同会社設立パーフェクトパック」を見てみると・・・





 マニュアルの手順に従うだけで、全てのステップがいつの間にか完了しています。
 これで、司法書士へ支払う高額なコストの削減ができます!

 会社設立に伴う届出書類(法務編)(PDFデータ)
      1.合同会社(LLC)について
      2.合同会社(LLC)設立について
      3.合同会社(LLC)の特徴
      4.合同会社(LLC)設立までの実際の軌跡
      5.合同会社(LLC)設立後の手続き

 【各種書類・契約書・定款の簡単編集ツール】付
   ・定款(wordデータ)+ ポイント解説
   ・設立登記申請書(wordデータ)+ ポイント解説
   ・払込証明書(wordデータ)
   ・就任承諾書(wordデータ)
   ・代表社員、本店所在地及び資本金決定書(wordデータ)
   ・委任状(wordデータ)
   ・合同会社設立チェックシート(wordデータ)

   ※ 「office2003」以降のバージョンに対応しています。

このマニュアルでは、初めて会社の設立をする方でも、
1人で簡単に手続出来るよう、必要な書類をすべて揃えました。



ここからがこのパーフェクトパックの本領発揮です。
ネットで販売されている会社設立セットとは一線を画します。






 会社設立後の手続きはここからが重要です。

 税務手続きです。

 期限内にこの手続きをしなければ、設立時だから受けられるたくさんの
 税制上の特典を受けることができなくなります。

 この特典を受けておかなければ、
 あなたの会社が成功して利益が出れば出るほど損をすることになります。


 実際、この手続きをしていなかった私のクライアントは
 142万円、損してしまいました。

 もちろん初めから顧問税理士がいれば、やってくれます。
 しかし、大体5万円〜10万円くらいものお金がかかります。
 (顧問契約の場合は月額3万円でも1年で36万円もかかります)

 ここだけの話・・・
 実は、約1年後の決算までは税理士はいなくてもやっていけます。
 ※ もちろん、自身で決算が組めるのであれば、その後も大丈夫です。

 むしろ、それまでは税理士と顧問契約しないほうが、
 毎月数万円する顧問料を取られずに済みます。

 顧問料が3万円としても12ヶ月で36万円節約できることになります。
 ※ こんなこというと会計事務所からクレームがきそうですが・・・

 この【税務関係届出編】の節約効果はかなりのものなのです。


 会社設立に伴う届出書類(税務編)(PDFデータ)
      1. 提出書類一覧
      2. 書類提出による特典
      3. 届出書類の書き方

 【税務関係各種書類の雛形・ポイント解説】付
    @ 法人設立届出書(PDFデータ)
   A 青色申告の承認申請書(PDFデータ)
   B 給与支払事務所等の開設届出書(PDFデータ)
   C 源泉所得税の納期の特例の特例の届出書(PDFデータ)
     (正式名称はもっと長いので、略称で表記しています)
   D 減価償却資産の償却方法の届出書(PDFデータ)
   E 棚卸資産の評価方法の届出書(PDFデータ)
   F 事業開始等の届出書(法人用)(PDFデータ)



さらに、あなたの会社設立を完璧なものにしていきます。






 税務書類の提出を終わったからといって、まだ安心はできません。
 もうひとつ人事・労務関係の書類を出す必要があるのです。

 それは社会保険や従業員の雇用に関するものです。

 「うちは従業員がいないからいいや」と思ったあなた!

 それは間違っています。
 社会保険の届出は法人なら必要だ、と法律で決められています。

 また、従業員が1人でもいる場合、労働基準監督署への届出を出さなければ、
 法的に処罰される危険性もあるのです!

 もちろん社会保険労務士に頼めばやってくれます。
 しかし、これまた10万円〜20万円かかります。

 直接キャッシュを生み出さない人事・労務に、
 お金をかける余裕がある起業家なんているはずありません。


 このパックでそれを全て節約してください!

 なお、国民健康保険削減のために、当マニュアルの検討をされている方は、
 この届出書は必須ですので、ご注意ください。

 会社設立に伴う届出書類(人事・労務編)(PDFデータ)
      1. 提出書類一覧
      2. 各役所への手続きの意味
      3. 届出書類の書き方

 【人事・労務関係各種書類別記載例・ポイント解説】付
 <社会保険事務所>

   @ 新規適用届(PDFデータ)
   A 被保険者資格取得届(PDFデータ)
   B 被扶養者(異動)届ならびに国民年金第3号該当届(PDFデータ)
     (税法上の扶養親族でない場合は別途添付書類が必要になります。)
   C 社会保険料口座振替納付申出書(PDFデータ)
     (保険料を口座振替で納付する場合)
   D 法人登記簿(コピー不可)
   E 上記Dについて実際の事業所所在地が法人登記簿
    または住民票住所と異なる場合は、賃貸契約書または
    不動産登記簿謄本の写し等事業所の所在地が確認できるもの
   F 加入者の賃金台帳(既にある場合)(コピー可)(エクセルデータ)
   G 加入者の出勤簿又はタイムカード(今日までの分)(コピー可)(エクセルデータ)
   H 加入者の労働者名簿(役員の分含む)(コピー可)(エクセルデータ)

   ※ 「office2003」以降のバージョンに対応しています。

 <労働基準監督署>

   @ 保険関係成立届(PDFデータ)
   A 労働保険概算保険料申告書(PDFデータ)

 <公共職業安定所>

   @ 雇用保険適用事業所設置届(PDFデータ)
   A 従業員一覧表(PDFデータ)
   B 雇用保険被保険者資格取得届(PDFデータ)
   C 法人登記簿(コピー可)
   D 事業の実態がわかるもの
    [法人の名前と住所が入っている税務署の開業届、契約書、
     請求書や領収書計2点](もちろんコピー可)
   E(労働保険)保険関係成立届の控え(コピー可)(PDFデータ)
   F 加入者の賃金台帳(既にある場合)(コピー可)(エクセルデータ)
   G 加入者の出勤簿又はタイムカード(今日までの分)(コピー可)(エクセルデータ)
   H 加入者の労働者名簿(コピー可)(エクセルデータ)

    ※ 「office2003」以降のバージョンに対応しています。




いかがでしょうか?


これらを完了すれば、次の決算まで、あなたはマーケティングや営業など、
売上に結びつく活動に集中することができます!


しかも、何回も繰り返しますが、少なくとも56万円も節約できます。
『少なくとも』ですので、それ以上も場合によっては可能ということを忘れないでください。



さて、気になるのは、この『合同会社設立パーフェクトパック』のお値段でしょう。

通常、我々が代行する場合、
     『法務』・・・・・・・・・ 5万円
     『税務』・・・・・・・・・10万円
     『人事・労務』・・・・・・20万円

合計35万円
をチャージしています。(これでもかなり格安かと思います…)

そのように考えれば、最低でも10万円はいただこうかと思っていました。
法務、税務、人事・労務の専門家が心血を注いで作ったものですから、
それだけの価値が十二分にあります。


しかし、この『合同会社設立パーフェクトパック』は、
起業家の方にがんばっていただきたい、という想いから作り上げたものです。

ですから、まずは実践していただかないことには始まりません。


しかし、「10万円はちょっと・・・」となるかもしれません。
確かに設立のタイミングではしんどいかもしれません。
我々も設立当初はお金をあまり使えなかったことを覚えています。


そこで、できる限り値段を抑えて、お譲りしたいと考えました。
ですので・・・

握手14,800円にて、
ご提供させて頂きます。


しかもこれだけではなく、
すごい保証も付いてくるのです。
(※ 詳しくはもう少し後でお話します。)


しかし、あなたはこのパッケージをこの金額で受け取れないかもしれません。


ご存知かもしれませんが、司法書士、税理士、社会保険労務士の世界は、
大変体質の古い業界です。

私たちが起業家のことをいくら考えて行動していたとしても、
このような価格破壊によって、業界から叩かれてしまう可能性があります。

正直、私たちもそのようなクレームが来てしまえば、この金額では
『合同会社設立パーフェクトパック』をあなたに提供できなくなるかもしれません。

ですから、業界内であまり目立たないためにも、
この14,800円という価格で手に入れていただけるのは先着50名様
限らせていただきます。

50名様に達した時点で、まずは19,800円に値上げします。


ですので、明日にでも
この『合同会社設立パーフェクトパック』は値上げしてしまうかもしれません。

少しでも安く会社を設立したい、という思いがあれば、
お申込みになることをおすすめします。

逆に、どうしようかな・・・とお悩みの方であれば、とりあえず保留しておいてください。
会社を設立するというのはものすごくパワーのいることです。

そのパワーをお持ちになったときに、再度お考えください。
※ 値上げをしているときは、申し訳ございません。



さらに、不安なあなたのために、以下の特典をつけます。


★画像の名前★本当に自分で設立できるかどうか不安・・・
そう思われたかもしれません。

そこで『合同会社設立パーフェクトパック』を使っても、
うまく会社設立の手続きができない・・・
という場合は、遠慮なくメールにてご相談下さい。

各専門家が、営業時間内48時間以内にあなたの疑問にお答えします。

→ support@goudougaisya.com

※なお、通常であれば1週間もあれば設立は可能です。
 かなり余裕をみての60日サポートとしております。
 また、回数制限はございませんので、遠慮なくご質問下さい。


60日間このマニュアルを実行して、もし万が一、設立までいたらなかった場合、
マニュアル巻末添付の「返金依頼書」の必要事項をご記入の上、
購入後60日以内に、弊社までFAXまたは郵送をして下さい。

「返金依頼書」確認後、
5営業日以内にマニュアル代金全額(14,800円)をご返金致します。
(なお、振込手数料はご負担下さいますようご了承下さい。)

※ 記載事項に不備があった場合には、
  返金処理が遅れることがございますのでご注意下さい。

ただし、何も実践しなかった方に返金申請されても困りますので、
マニュアルを「実践した」証として、

当マニュアルに記載されているノウハウを実践し、
かつ、メールサポートを真面目に3回以上受けたにもかかわらず、
合同会社を設立できなかった場合に限らせて頂きます。


【返金手続きの流れ】

1.マニュアル巻末の「返金依頼書」に必要事項をご記入下さい。
2.「返金依頼書」記入後、弊社までFAXまたは郵送にてお願いします。
  ・FAX  06-6772-5523
  ・郵送 〒543-0002 大阪市天王寺区上汐3-3-23-LM201
            (株) OMコンサルティング 宛
3.「返金依頼書」確認後、5営業日以内にご返金致します。


そして、上記に加え、さらに・・・


「知って得する知らなきゃ損する」助成金パーフェクトガイド※この「助成金マニュアル」は、有料販売しており、
 また、弊社、有料会員の皆様に配布しているものです。


このマニュアルは、 主要でかつ申請しやすい助成金について
詳細に解説し、あなたでも自分で支給申請して
支給を勝ち取ることを目的としたものです。

助成金の種類は数あれど、労力の割に支給額が少なかったり、
支給額が高額でもあまりにも条件のハードルが高すぎるものがあり、
また、助成金の種類も非常に多岐にわたり、それを見極めることが
助成金に不慣れなあなたにとっては非常に困難であろう、と思い、
助成金のプロである私どもが厳選して解説しようというわけです。


いくつかの注意点さえ踏まえれば、助成金を申請したことのない方でも、
自分でできるものです。

その注意点を詳細に解説しますので、
ぜひ代行者の手数料なしで支給を勝ち得て下さい。

こんな助成金がある、とわかるだけで、実際やってみようかなと思えるでしょう。


いかがでしょうか?

これであなたにも安心して手にして頂けるでしょう。


ただし・・・

あなたはこの『合同会社設立パーフェクトパック』を受け取る資格がないかもしれません。


  •  合同会社を設立するつもりのない方
      参考資料として持っていても役に立つものではありません。
      あくまでも合同会社をつくってはじめて役に立つものです。  
  •  同業者の方
      我々のノウハウが詰まったものです。
      それをお教えすることはできません。
  •  ワードができない方
      雛型の記入にはワードで打ち込んで頂く必要があります。
      自分で打てなくても、誰か打ち込んでくれる方がいればOKです。


これらに該当する方は、
この『合同会社設立パーフェクトパック』を手に入れる資格はありません。

「合同会社を素早く、お得に設立したい」
と本気で思う起業家の方にお譲りいただくようお願いします。






【法務、税務、人事・労務関係各種書類・契約書・定款の編集ツール】付



申込みボタン

電話申込みボタン

※お電話でのお申し込みは、平日10:00〜19:00となっております。



※ 14,800円では、限定50セットのみとなります。






今回御社の
「合同会社設立パーフェクトパック」
を元に合同会社を作ったのですが、
思っていた以上に簡単にできました。

私は設立に動き出してから、
実際5日で登記までできました。

しかも設立費用は全部で7万円で済んだし、
言うことなしです。

また、社会保険の提出マニュアル
付いていたことは、 本当に
ありがたかったです。

その手続きが一番不安でしたので・・・

雇用保険や労働保険の書類は、私一人の会社なので、今のところは使っておりませんが、
従業員を雇うようになれば、しっかり活用させて頂きます。

良い情報をありがとうございました。

  



本当に、
知っているものだけが得をするんですね。

あやうく、法務局へ提出してそれで終わり、
ということをしてしまいそうでした。

おかげさまできっちり期限内に提出すること
ができ、 しっかりと節税対策も行えました。

もしこのメールを読んでいる人がいれば、
これだけは覚えておいてください!

『書類だけはしっかりと提出する!』

それだけはしっかりと覚えておいてください!
でないと、相当損をすることになりそうですよ!

  



おかげさまで、特に迷うこともなく、
スムーズに会社設立ができました。

頼むところは全部頼むのではなく、
一部だけ頼む、 それがこのノウハウの
ミソなのかなと思っています。

おかげで、安く設立ができました。

この度は本当にありがとうございました。

  



先日お世話になった水沼です。
お声を集めているとのことですので、
ご協力させていただきます。

このマニュアルは私に、
本当の情報としての価値というものを、
感じさせてくれました。

儲かる系の話ではありませんが、
内容はとても濃く、 書籍やネットでは
とても調べきらないような内容でした。

これだけの情報が詰まって、14,800円であれば、
十分お得感が満載だと思っております。

調べたりしているだけで、何日もかかりそうなものを、たったの4日で設立できたのも、
やはり充実した内容があってこそ、 と思います。

本当に有意義な情報をありがとうございました。

  



お世話になっております。
大阪の鈴木と申します。
先日はサポートありがとうございました。
早速ですが、当パーフェクトパックについて
書かせていただきます。

このマニュアルは、
本当にありがたいものでした。
何よりも、メールサポートがついている
ということ、 これが私にとっては
大きかったです。
わからないことも、
すぐに教えていただけたので、
つまずいてもすぐに立ち直れました。


特に国保削減マニュアルから、
御社にはお世話になっていたので、
安心はしていましたが、
まさに想像通りのサポートでした(^^)
私は、サポートだけでも十分価値があるものと思っております。
痒いところにも手が届くというのが、まさにぴったりですね(^^)
また、わからない点等ありましたら、ぜひともお教え下さいm(__)
この度は本当にありがとうございました!

  

Q.合同会社は一人でも設立することができますか?

A.はい。可能です。

合同会社は1人でも設立することができます。
また、資本金の額も1円以上でOKです。

Q.合同会社の設立にかかる費用はいくらくらいですか?

A.10万円になります。

具体的には、登録免許税6万円、定款印紙代4万円です。

さらに、ちょっとした手続きだけで、定款印紙代4万円も節約でき、
この場合は、登録免許税6万円のみになります。

株式会社の設立費用24万円〜に比べて、大幅にコストが安く済みます。

Q.合同会社を示すLLCとは、何の略称なのですか?

A.LLCとは、「Limited Liability Company」の略で、
「有限責任会社」を意味します。

合同会社は、株式会社と同じように、「有限責任」となっておりますので、
合同会社の社員は、会社に出資をした金額を上限として、責任を負うことになります。

Q.合同会社の社長の肩書きはどうなるのですか?

A.「代表社員」となります。

合同会社では、株式会社と違って、取締役という機関が存在しないため、
「代表取締役」という機関も存在しません。

Q.株式会社と合同会社ではどちらが早く設立できますか?

A.合同会社の方が早く設立できます。

その理由は、定款の認証がいらないためです。
ただし、株式会社でも定款の認証と登記の申請を1日で行うことが可能ですので、
スムーズにいけば、合同会社とほぼ同じぐらいの期間で設立が可能です。

Q.合同会社と株式会社のどちらで会社設立した方がいいのですか?

A.法人格を得るという目的だけであれば合同会社でもいいでしょう。

ただ、合同会社は、株式会社に比べて社会的認知度が低い
というデメリットがあります。

株式会社という組織形態にこだわる方が中にはいらっしゃいますので、
株式会社を設立する方が多いようです。

ちなみに、費用としては株式会社の場合、合同会社の3倍ほどかかります。

Q.合同会社から株式会社への組織変更はできますか?

A.合同会社から株式会社への組織変更は可能です。

また、株式会社から合同会社への組織変更も可能です。

最初は、スピーディに意思決定を行える合同会社で起業して、
事業が軌道に乗ってから株式会社に組織変更するのも一つの方法です。

Q.合同会社は、建設業許可などの許認可の取得はできますか?

A.はい。できます。

合同会社は株式会社と同じ法人ですので、
合同会社として各種許認可の取得が可能です。

Q.合同会社でも助成金を申請できますか?

A.法人であればいいので合同会社でもOKです。

ただし、助成金を受ける条件に法人であることが要件となっている場合に限ります。
助成金には様々なものがありますので、
特典マニュアル『助成金パーフェクトガイド』をご参照下さい。



会社の設立は通過点どころかあくまでスタート地点です。

あれこれと悩むよりも前に、サクッと会社を設立してしまい、
ういた時間と費用で、これから本当に必要になる初期費用、広告費、
運転資金へ少しでもまわして下さい。

そして、少しでも早く、会社を軌道に乗せてください。

合同会社を設立し、さらに設立後に必要なすべての手続までを網羅している方法で、
これほど格安で、しかも自分でも簡単にできるものを私は知りません。



また、定款を作成し、設立登記が完了しただけで、
設立手続きが終わったと勘違いしている方が多すぎる現実があります。





もし、あなたもその中の一人でしたら
ぜひ、そのような『損』や『危険』をおかさないためにも、
この『合同会社設立パーフェクトパック』をご参考にしてください。

法務、税務、人事・労務関係の届出手続きが
あなた自身で、スムーズに、わかりやすくすべて行えます。

あなたは少なくとも56万円もコストが削減できるのです。


しかも、60日間限定全額返金保証付、そして60日間メールサポート付です。
あなたに少しでも安心していただきたいのです。


もしあなたが本気であれば、限定の50名に達するまでに、
この『合同会社設立パーフェクトパック』を手に入れてください。

我々も全力でサポートさせていただきます!


あなたの、そして御社のご発展を心より祈念します。










【法務、税務、人事・労務関係各種書類・契約書・定款の編集ツール】付



申込みボタン

電話申込みボタン

※お電話でのお申し込みは、平日10:00〜19:00となっております。



※ 14,800円では、限定50セットのみとなります。